ビューティー
Mar 28, 2018

抜き身の刀、すかさず刺す

write yamanaka.

暖かくなってきましたね。

さて、今日のテーマいきましょう!

「紫外線」

ブログ画像
テレビCMで日焼け止めのCMを今シーズン初めて見ました。

そもそも最近あんまりTVもNHKくらいしか観てないのですが。

で、そう紫外線。

「紫外線って髪にもよくないよね~」みたいな話はもう有名どころ。

そんな当たり前の事をブロオグで書いたって盛り上がりも少ない。

でも。なにがどうして良くないって理解している人が少ないのではないでしょうか?

髪の表面にある髪のツヤを出すキューティクル。紫外線を浴びると、キューティクルがはがれやすくなるため、髪内部の水分が失われ、枝毛、切れ毛、髪のパサつきが起こりやすくなります。

頭皮の中にある毛球ってとこから髪の毛生えていて、毛球の中の毛母細胞ってやつが髪の毛を伸ばす働きをします。

コイツが紫外線受けると抜け毛や薄毛につながることがあります。他に色素細胞というヤツが髪に色をつけていますが、コイツも紫外線を受けると少なくなるタメ白髪にも影響が・・・

まぁ、髪は頭から生えているので頭皮への影響が伸びてくる髪にも影響するのは考えれば普通の事なんですが。

室内にいれば紫外線うけないと思いがちですがガラスを通して紫外線は室内に侵入するので室内だからと言って油断は禁物。

「・・そんなんじゃあ夏どこにも行けないじゃん!!」

せっかく四季のある日本。今年の夏は今年きり。対策をして出かけましょう!!

紫外線を浴びてしまったら、ダメージケア用のシャンプーやトリートメントを使って、髪のケアをしましょう。また、髪を傷めやすいブラッシングやブローの際は、事前に洗い流さないトリートメントをつけるのもおすすめです。

夏と言えば海ですが、海の不純物を含む海水の影響で髪のキューティクルははがれやすくなります。
その状態で紫外線をうけるとダメージは大きいし、濡れたままの髪はダメージを受けやすいので、なるべく早くシャンプーをして乾かすのがオススメです。

外に出る際に日傘や帽子で頭皮を守るのも効果的。

6月から8月にかけて紫外線はもっとも強くなります。

★痛む
★抜ける
★白髪が増える

マイナスな事が多いです。

リープテイストではケアのシャンプーやトリートメントはもちろん、日焼け止めの頭皮スプレーもあります。

しっかり対策をしてお出かけをしましょう。

Posted in | Comments Closed 

Leap Taste新着記事